サムネイル画像

バンナム、コナミ、セガがアーケードゲーム用ICカードの仕様統一で合意

  • IT
2018.02.09

 バンダイナムコエンターテインメント、コナミアミューズメント、セガ・インタラクティブの3社は2月9日、アーケードゲーム用ICカードの仕様統一に向けて合意したと発表した。ゲームユーザーの利便性向上を目的としているという。

 アーケードゲーム用ICカードは、アミューズメント施設でネットワークゲームを継続的に遊ぶことのできるユーザー認証カード。これまでバンダイナムコエンターテインメントは「バナパスポート」、コナミアミューズメントでは「e-AMUSEMENT PASS」、セガ・インタラクティブでは「Aime(アイミー)」を、各社の独自の仕様で展開していた。

 今回の合意によって3社のアーケードゲーム用ICカードの仕様統一を行い、2018年夏には、各社のカードで対応機種での使用ならびに、それに付随するIDサービスが利用できることを目指すという。また、アミューズメントICカードの共通マークも定め、今後各社の対応カードに表記するとしている。

アミューズメントICカード発売後のサービス
アミューズメントICカード発売後のサービス
続きを見る CNET Japan

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫