サムネイル画像

ムン大統領とキム・ヨンナム氏がそろって五輪観戦

  • スポーツ
2018.02.10

ムン大統領とキム・ヨンナム氏がそろって五輪観戦

ムン大統領とキム・ヨンナム氏がそろって五輪観戦
ピョンチャンオリンピック、アイスホッケー女子で、韓国と北朝鮮の合同チームの初戦が行われ、試合は0対8で敗れましたが、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ヨンナム最高人民会議常任委員長などがそろって観戦し、北朝鮮の応援団の応援などで会場は熱気に包まれました。
ピョンチャンオリンピック、アイスホッケー女子は、きょうから予選リーグがはじまり、韓国と北朝鮮の合同チームは今夜、スイスとの初戦にのぞみ、選手たちは、朝鮮半島が大きく描かれたユニフォームを着て出場しました。

会場では、韓国のムン・ジェイン大統領と北朝鮮のキム・ヨンナム最高人民会議常任委員長、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の妹のキム・ヨジョン(金与正)氏、それに、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長がならんで座り、和やかな雰囲気で観戦していました。

試合は、0対8で敗れましたが、そろいの赤いコートを着た北朝鮮の応援団の女性たちが、朝鮮半島が描かれた「統一旗」を振りながら選手たちに声援を送るなど、会場は熱気に包まれていました。観戦に訪れた韓国の人たちは「今回の試合が南北統一に向けた一歩になると思う。大きな声で応援する」とか「わくわくしている。合同チームが結成されてよかった」と話し、一様に歓迎していました。

米ペンス副大統領とも観戦

これに先立ち、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、アメリカのペンス副大統領と、10日午後7時半ごろから40分ほど、カンヌンアイスアリーナで、ショートトラックを一緒に観戦しました。競技を見ながら互いの国の選手の活躍を応援する一方で、通訳を交えて、厳しい表情で話し込む姿も見られました。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫