サムネイル画像

北朝鮮 ヨジョン氏とムン大統領の会談大きく報道

  • 国際
2018.02.11

北朝鮮 ヨジョン氏とムン大統領の会談大きく報道

北朝鮮 ヨジョン氏とムン大統領の会談大きく報道
k10011324791_201802111207_201802111209.mp4
北朝鮮の国営メディアは、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の妹、キム・ヨジョン(金与正)氏が10日、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と会談してキム委員長の親書を渡したことを写真とともに大きく伝え、南北融和に向けた姿勢を前面に押し出しています。
11日付けの北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は、韓国に派遣された高位級代表団が10日、ソウルの大統領府でムン・ジェイン大統領と会談したことを1面で写真とともに大きく伝えました。

この中では、キム・ジョンウン委員長の特使として派遣された妹のキム・ヨジョン氏がムン大統領にキム委員長の親書と意向を伝えたと報じましたが、親書の内容やムン大統領に南北首脳会談の開催を提案したことについては触れていません。

一方で、労働新聞はキム・ヨジョン氏が笑顔でムン大統領と握手を交わす様子や、並んで歩く姿を写した写真を複数掲載したうえ、「代表団は南側と関係改善について率直かつ虚心たん懐に話を交わした」としています。

さらに、ピョンチャンオリンピック、アイスホッケー女子の韓国と北朝鮮の合同チームの試合をヨジョン氏らとムン大統領がそろって観戦して記念写真を撮ったと写真とともに伝え、南北融和に向けた姿勢を前面に押し出しています。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫