サムネイル画像

カーリング男子日本代表が会場で初練習

  • スポーツ
2018.02.12

カーリング男子日本代表が会場で初練習

カーリング男子日本代表が会場で初練習
ピョンチャンオリンピック、カーリング男子の日本代表が12日、競技会場で初めて練習し、氷の特徴などを確認しました。
カーリング男子の日本代表は、今月8日に韓国に入り、12日、初めて競技会場の「カンヌンカーリングセンター」で練習しました。割り当てられた50分の練習時間をすべて、ストーンを投げる基礎練習にあて、氷の特徴や自分たちのコンディションなどをしっかりと確かめていました。

カーリング男子で日本がオリンピックに出場するのは長野大会以来20年ぶりで、ピョンチャンオリンピックではメダル獲得を目標に掲げています。

スキップの両角友佑選手は「チームみんなの調子もすごくよさそうだ。氷の感覚はまだ1日目なのでよく分からないが、あすは初戦を戦うシートで練習できるので、ストーンのくせなどもしっかり確認したい」と話していました。
セカンドの山口剛史選手は「ふだん練習している軽井沢の拠点と似ていて、自分になじんでいるやりやすいアイスだった。オリンピックで自分たちらしい攻めのカーリングができるよう初戦へ向けて集中力を高めていきたい」と話していました。

カーリング男子代表は、13日も競技会場で練習を行い、14日の初戦に備えることにしています。初戦で世界ランキング8位の日本は世界3位のノルウェーと対戦します。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫