サムネイル画像

遠藤 原 堀島の3人が準決勝へ 男子モーグル

  • スポーツ
2018.02.12

遠藤 原 堀島の3人が準決勝へ 男子モーグル

遠藤 原 堀島の3人が準決勝へ 男子モーグル
ピョンチャンオリンピック スキー フリースタイルの男子モーグルは準々決勝が行われ、遠藤尚選手が20人中トップで通過したほか、原大智選手が3位で、堀島行真選手も7位で準決勝進出を決めました。
20人で争う男子モーグルの準々決勝には、日本からこの種目に出場した4人全員が臨みました。

3回目の出場となる遠藤選手は82.72のトップで、上位12人で争う準決勝進出を決めたほか、初出場の原大智選手も81.29の3位で準決勝進出を決めました。さらにオリンピック初出場で、メダルの期待がかかる20歳の堀島選手も、持ち味のダイナミックなエアを成功させ、79.64をマークし、7位で準決勝へ進みました。

一方、西伸幸選手はターンが大きく乱れて19位となり、準決勝進出はなりませんでした。

準決勝は12人で争われ、上位6人が決勝に進みます。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫