サムネイル画像

「HomePod」発売で、「Siri」vs「Alexa」vs「Googleアシスタント」の勝者は?

  • IT
2018.02.13

 ついに「Siri」の本拠地と呼べるスマートスピーカ「HomePod」が米国時間2月9日に米国、イギリス、オーストラリアで発売された。今こそ、このAppleの音声アシスタントをAmazonの「Alexa」、Googleの「Googleアシスタント」と比較する時だろう。3つの音声AIの違いをさまざまな点から取り上げてみたい。本記事を読めば、それぞれの音声アシスタントの長所や短所をつかめるだろう。


(左より)「Google Home」「HomePod」「Amazon Echo」で音声アシスタントを比較してみた。
提供:CNET

ユーザーの声を識別する

 HomePodのSiriは、「iPhone」のSiriと異なり、人の声を識別できない。つまり、「Hey Siri」と誰が言っても、HomePodは反応する。それに対して、AmazonとGoogleのスマートスピーカにはユーザーの声を覚えさせる機能がある。音声識別機能により、家族全員で1つのスピーカを利用していても、スピーカは話しかける人に合わせてカスタマイズされた反応(および、例えば物品購入のようなカスタマイズされた行動)をする。

 HomePodにはそうしたパーソナライズ機能はない。とはいえ、GoogleとAmazonのパーソナライズ機能は完全ではない。米CNETのテストでは、AlexaもGoogleアシスタントも、同僚のなりすましでだませた

電話をかける

 自分のiPhoneに向かって「Hey Siri、Tyler Lizenby(米CNETのマルチメディアプロデューサー)に電話して」と言えば、Siriは「Tyler Lizenby(携帯)に電話をかけています」と反応する。HomePodに同じことを命ずると、Siriは「お役に立てればいいのですが、HomePodでは電話をかけられません」と答える。がっかりだ。(HomePod上の)Siriは電話をかけることも受けることもできない。その代わり、HomePodはスピーカフォンとして使える。iPhoneで電話をかけたり受けたりする時に、通話画面の「オーディオ」ボタンを使うことで通話の音声をHomePodに転送できる(下の画像を参照)。


オーディオボタン経由で着信をHomePodにつなげる。
提供:Screenshot by Megan Wollerton/CNET

 AlexaとGoogleアシスタント搭載スピーカの働きは違う。両方とも簡単な音声命令で電話をかけられる(訳注:日本ではまだできない)。Alexaでは、着信は他の「Amazon Echo」シリーズのスピーカからしか受けられず、携帯や固定電話の着信はサポートしていない。Googleアシスタントも電話を受けられない。

 HomePodは通話はできないが、メッセージを送信することは可能だ。これは、AlexaとGoogleアシスタントもできる(訳注:日本ではまだできない)。

音楽サービス

 AmazonとGoogleはサードパーティーの音楽サービスをサポートしているので、音声命令でAlexaGoogleアシスタントに「Spotify」の楽曲を再生させることができる。

 HomePodのSiriにはこれができない。Appleが認めている「Apple Music」しか使えない。従って、もしSpotifyやYouTubeなどのサードパーティーの音楽サービスを使いたければ、Appleの「AirPlay」サービス経由でiOS端末(あるいは「iTunes」をインストールしたWindowsパソコン)から楽曲を手動で送らなければならない。

続きを見る CNET Japan

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫