サムネイル画像

将棋・2月12日週の主な対局予定 17日に注目の羽生善治竜王VS藤井聡太五段 公式戦初対局(AbemaTIMES)

  • 国内
2018.02.13
 日本将棋連盟による2月12日週の公式戦は、17日に大注目の一局、朝日杯将棋オープン戦準決勝、羽生善治竜王と藤井聡太五段の公式戦初対局がある。藤井五段は14日に新人王戦の対局もあり、大一番を前に勢いをつけたいところだ。19、20日には久保利明王将が2勝1敗とリードしている王将戦七番勝負第4局がある。

2月13日(火曜日)

竜王戦1組 久保利明王将VS藤井猛九段 (携帯中継)
竜王戦4組 高崎一生六段VS三枚堂達也六段 (携帯中継)
竜王戦6組 田中寅彦九段VS都成竜馬四段 (携帯中継)
棋聖戦二次予選 大石直嗣七段VS船江恒平六段 (携帯中継)

2月14日(水曜日)
竜王戦6組 杉本和陽四段VS加藤桃子女王 (携帯中継)
王座戦二次予選 三浦弘行九段VS千田翔太六段 (携帯中継)
王将戦一次予選 島朗九段VS中田宏樹八段 (携帯中継)
王将戦一次予選佐藤紳哉七段VS青嶋未来五段 (携帯中継)
王将戦一次予選 千葉幸生七段VS石田直裕五段 (携帯中継)
新人王戦 藤井聡太五段VS古森悠太四段(ニコニコ生放送・AbemaTV・将棋プレミアム・携帯中継)

 藤井聡太五段は、昨年の同棋戦でベスト8。準決勝で佐々木大地四段に敗れた。若手主体の棋戦で、増田康宏五段が2016年から連覇している。

2月15日(木曜日)
竜王戦4組 北島忠雄七段VS高見泰地六段 (携帯中継)
順位戦B級1組 阿久津主税八段VS橋本崇載八段 (携帯中継)

 同級は糸谷哲郎八段が8戦全勝で、既にA級への昇級を決めている。阿久津八段と橋本八段は現在5勝3敗同士で、残り1人の昇級枠を争っている。どちらも残り2局で、連勝すれば自力での昇級が決まる。

順位戦B級1組 丸山忠久九段VS斎藤慎太郎七段 (携帯中継)
棋聖戦二次予選 南芳一九段VS豊島将之八段 (携帯中継)

2月16日(金曜日)
竜王戦3組 北浜健介八段VS野月浩貴八段 (携帯中継)
王座戦一次予選 永瀬拓矢七段VS門倉啓太五段 (携帯中継)
棋聖戦二次予選戸辺誠七段VS三枚堂達也六段 (携帯中継)
女流名人戦予選蛸島彰子女流六段VS山口恵梨子女流二段 (携帯中継)

2月17日(土曜日)
朝日杯将棋オープン戦本戦 羽生善治竜王VS藤井聡太五段 (ニコニコ生放送・AbemaTV・朝日新聞デジタル・携帯中継)

 将棋界大注目の対局。羽生善治竜王と藤井聡太五段は今回、公式戦で初対局。非公式戦ではAbemaTVの「炎の七番勝負」の第7局で初めて戦い、藤井五段が勝利した。その後、非公式戦でもう一度戦い、この時は羽生竜王が勝っている。対局は持ち時間40分、切れたら1分の早指し戦。羽生竜王は同大会で過去10回のうち5回優勝と得意にしている棋戦。藤井五段は優勝すると、史上初となる中学生による棋戦優勝を達成。同時に昇段規定にある「全棋士参加棋戦優勝」の条件を満たすことから、1日の五段昇段からわずか16日で六段に昇段することになる。

朝日杯将棋オープン戦本戦 久保利明王将VS広瀬章人八段 (ニコニコ生放送・AbemaTV・朝日新聞デジタル・携帯中継)

2月19・20日(月・火曜日)

王将戦第4局 久保利明王将VS豊島将之八段 (毎日新聞ニュースサイト・将棋プレミアム・携帯中継)
続きを見る AbemaTIMES

見つかりませんでした。

見つかりませんでした。

見つかりませんでした。

見つかりませんでした。

見つかりませんでした。

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫