サムネイル画像

晴れ着問題で新成人を改めて祝福 東京 八王子

  • 社会
2018.02.13

晴れ着問題で新成人を改めて祝福 東京 八王子

晴れ着問題で新成人を改めて祝福 東京 八王子
k10011326271_201802130816_201802130818.mp4
横浜市の「はれのひ」が経営破綻した問題を受けて、東京・八王子市で、晴れ着を着られなかった新成人などを対象に改めて成人を祝う催しが行われました。
この催しは、「はれのひ」の経営破綻で八王子市でも成人の日に晴れ着を着られない新成人が相次いだことを受けて、市民の呼びかけで開かれました。

非公開で行われた12日の催しには、およそ200人のボランティアが集まり、新成人や来年と再来年の新成人、合わせて66人の着付けやヘアメイクをして、写真撮影を行ったということです。このあと、成人式が行われた会場で新成人とその家族が改めて新成人の門出を祝福したということです。

参加した人たちは、「悔しい気持ちもありますがこの会を開いてくれた人たちのように、私も、痛い目にあった人を温かく迎えることができる大人になりたい」とか、「いちから自分で好きな着物を選ぶことができ、改めてはれやかな気持ちで式に臨むことができました。『はれのひ』は、何も隠さず本当の事実を教えてほしい」などと話していました。

実行委員長の西室真希さんは、「たくさんの笑顔をプレゼントできて本当によかったです。『八王子市にはおせっかいなおばさんとおじさんがいっぱいいたな』と思い出を胸に楽しく人生を進んでいってほしいです」と話していました。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫