サムネイル画像

松本人志、韓国の五輪政治利用にピョンチャンではなく「“ムンちゃんオリンピック”だよね」

  • 芸能
2018.02.13

 11日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、ダウンタウン・松本人志(54)が平昌五輪の“政治利用”について言及。「これは“文(ムン)ちゃんオリンピック”だよね」と、絶妙な言い回しで現状を皮肉った。

 この日の番組では、北朝鮮の“美女応援軍団”や、金正恩委員長の妹・金与正氏(30)の特使派遣、韓国と北朝鮮の南北合同チーム結成など、一部で“政治ショー化”した平昌五輪の話題のピックアップ。政治学者の三浦瑠麗氏(37)、タレントでスポーツコメンテーターの長島一茂(52)らがそれぞれ見解を述べた。

 そんな中、松本は「本当にこれは平昌オリンピックなのかと、平壌(ピョンヤン)オリンピックじゃないのか、と思っていたんですが…」と切り出すと、「さらに突き詰めて考えたら“文(ムン)ちゃんオリンピック”だよね」と、南北の融和ムード演出にやっきの韓国・文在寅大統領に平昌を掛けて、強烈なツッコミを入れた。

 これには共演者も大笑い。松本が「文(ムン)ちゃんのためにやってるみたいな。文(ムン)ちゃんの点数集めのためにやってる感じがするね」と続けると、スタジオは納得感に包まれていた。(zakzak編集部)

続きを見る zakzak

見つかりませんでした。

見つかりませんでした。

見つかりませんでした。

見つかりませんでした。

見つかりませんでした。

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫