サムネイル画像

スノーボード平野の地元 新潟 村上市 銀メダルに大歓声

  • スポーツ
2018.02.14

スノーボード平野の地元 新潟 村上市 銀メダルに大歓声

スノーボード平野の地元 新潟 村上市 銀メダルに大歓声
ピョンチャンオリンピックのスノーボード男子ハーフパイプで、平野歩夢選手が2大会連続で銀メダルを獲得し、地元の新潟県村上市は大歓声に包まれました。
決勝のパブリックビューイングが行われた村上市の施設には大型スクリーンが設置され、平野選手の親戚や地元の人などおよそ280人が集まりました。

平野選手が登場すると、集まった人たちは金メダルをイメージした金色のバルーンをたたいたり、日の丸の旗を振ったりして大きな声援を送りました。

2回目に平野選手が高さのある大技を決め高得点をあげると、会場からはひときわ大きな歓声が上がりました。

そして、平野選手の2大会連続の銀メダルが決まると、会場は大歓声に包まれました。

表彰式のあと、会場では「祝 銀メダル 平野歩夢選手」と書かれたくす玉が割られ、しばらくの間、応援グッズをたたく音が鳴りやみませんでした。

平野選手の伯父の田中幸一さん(50)は「みんなの期待を背負って、本当にすごいと思います。本人が金を取ると言っていたので、4年後必ず挑戦してくれると思います」と話していました。

練習重ねた山形 小国町でも祝福

平野選手は、4歳のころから、地元の新潟県村上市と接する山形県小国町のスキー場に通い、練習を積み重ねてきました。

14日は小国町の道の駅に住民などおよそ40人が集まり、特別に設けられたスクリーンで決勝の様子を見守りました。

2回目の滑りで見事な大技を決めてトップに立つと、歓声をあげて喜び、その後は固唾をのんで、ほかの選手の滑りを見ていました。

アメリカのショーン・ホワイト選手が平野選手を上回る得点をマークすると、あちこちでため息が漏れましたが、最後には万歳三唱をして銀メダル獲得を祝いました。

74歳の男性は「2大会連続で銀メダルを獲得できたことはすばらしい。本当におめでとうと言いたい」と話していました。また、平野選手が通っていた横根スキー場でハーフパイプの整備を担当し、平野選手を幼いころから見守ってきた高橋恒行さんは、「金メダルではなく本人は悔しいと思いますが、オリンピックを本当に楽しんでいる様子でよかった。4年後もまた頑張ってほしいと思いますが、まずはお疲れさまと言いたい」と話していました。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫