公取委員長など28人の人事案 参院でも同意

  • 政治
2018.02.14

公取委員長など28人の人事案 参院でも同意

14日の参議院本会議で、公正取引委員会の委員長や会計検査院の検査官など、国会の同意が必要な12機関28人の人事案が、13日の衆議院本会議に続いて同意されました。
14日の参議院本会議では、政府が先に国会に提示した、国会の同意が必要な12機関28人の人事案の採決が行われ、いずれも全会一致や賛成多数で同意されました。

それによりますと、公正取引委員会の委員長に元財務事務次官の杉本和行氏を、会計検査院の検査官に公認会計士の森田祐司氏を、それぞれ再任するとしています。
また、総合科学技術・イノベーション会議の議員に経済同友会代表幹事の小林喜光氏、名古屋大学総長の松尾清一氏、富士通常務理事の梶原ゆみ子氏を、新たに起用するなどとしています。

このほかNHKの経営委員5人の人事案も同意されました。

これらの人事案は13日の衆議院本会議でも同意されていて、これで国会の同意が得られたことになります。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫