大阪大学 今月の推薦入試でもミス 1人を追加合格に

  • 社会
2018.02.14

大阪大学 今月の推薦入試でもミス 1人を追加合格に

大阪大学は、今月行われた基礎工学部の推薦入試で、面接試験の際に、受験生に見せるはずの資料を見せないまま試験を行うミスがあり、再試験の結果、不合格になっていた1人を追加合格にしたことを明らかにしました。
大阪大学によりますと、ミスがあったのは、今月4日に行われた基礎工学部システム科学科の推薦入試の面接試験です。

面接試験で受験生は、事前に資料を読んだうえで、その資料を手元で参照しながら質問に答えることになっていましたが、4つある面接室のうちの1つで資料を見せなかったということです。

試験当日、受験生の1人から、面接中に資料を見ることができるはずだと指摘がありましたが、担当していた教授は資料を見せずに試験を続けたということです。

先週の合格発表後に改めて受験生から指摘があり、ミスがわかったということで、大学は、この面接室で受験し不合格になった受験生のうち、希望があった4人に再試験を行い、改めて1人を追加合格にしたということです。

大阪大学は、ことしに入って去年の入学試験で出題ミスがあったことがわかり、30人を追加合格にしたばかりです。

西尾章治郎学長は、「受験生に多大なご迷惑をおかけすることになり心よりおわび申し上げます。今回の事態は自覚と責任感を欠いた行動で極めて遺憾です。再発防止の周知徹底を図りたい」としています。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫