サムネイル画像

小平と高木美帆 共に表彰台なるか スピードスケート女子1000m

  • スポーツ
2018.02.14

小平と高木美帆 共に表彰台なるか スピードスケート女子1000m

小平と高木美帆 共に表彰台なるか スピードスケート女子1000m
大会6日目の14日、スピードスケート 女子1000メートルにこの種目の世界記録保持者、小平奈緒選手が出場し、高木美帆選手と2人そろっての表彰台なるか注目です。
1000メートルは短距離でもやや距離が長く、速いスピードをどれだけ持続できるかがポイントです。去年12月のワールドカップで小平選手は1分12秒09の世界新記録をマークし、このとき同走だった高木選手が0秒54差で2位でした。

このレースでは、小平選手が序盤からスピードを上げ、最後の1周までの600メートルの地点で、1秒以上の差をつけました。
中長距離が得意な高木選手は終盤の追い上げが持ち味で、最後の1周でその差を半分ほどにまで縮めましたが、小平選手がリードを守り、逃げきりました。

小平選手は序盤の貯金を生かす滑りが勝ちパターンで、600メートルまでにどれだけ差をつけられるかがポイントです。
一方、高木選手は、600メートルまでの差をいかに小さくして残り1周を迎えるかが重要となります。

小平選手は日本女子、短距離のエースとして、高木選手は中長距離のエースとして、それぞれ世界の舞台で結果を残していて、お互いをライバルと認め、その存在が成長を支えてきたと話していました。

14日のレースは、高木選手が14組、小平選手が最後から2組目の15組です。

過去の夏と冬のオリンピックで、日本の女子が同一種目で複数のメダルを獲得したことはなく、小平選手と高木選手、日本の両エースが2人そろって表彰台に上がる快挙達成なるか、注目です。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫