日本ハム 有原 右肩の状態をキャッチボールで確認

  • スポーツ
2018.02.14

日本ハム 有原 右肩の状態をキャッチボールで確認

プロ野球・日本ハムのアメリカ・アリゾナ州でのキャンプで、右肩の炎症と診断され、別メニューでの調整を続けている有原航平投手が13日、キャッチボールを行い、右肩の状態を確認しました。
有原投手は昨シーズン10勝を挙げ、開幕投手の候補としてアリゾナ州スコッツデールでのキャンプに入りましたが、キャンプイン翌日の2日に右肩の不調を訴え、病院で検査を受けた結果、右肩の炎症と診断されました。

このため、アメリカでのキャンプ期間中は経過を観察しながら別メニューで調整を続けてきました。

有原投手は、アリゾナでのキャンプが残り1日となった13日、2メートルほど離れたネットに向けボールを投げたあと、トレーナーを相手にキャッチボールを行いましたが、右肩の状態については話しませんでした。

日本ハムは、14日の練習後、沖縄に移動してキャンプを続けることになっていて、有原投手は、帰国後、再検査を受けたうえで今後の予定を決めることになっています。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫