サムネイル画像

東北の日本海側で雪が強まるおそれ 北陸などでは気温上昇

  • 社会
2018.02.14

東北の日本海側で雪が強まるおそれ 北陸などでは気温上昇

東北の日本海側で雪が強まるおそれ 北陸などでは気温上昇
k10011328381_201802141228_201802141229.mp4
13日、記録的な大雪となった東北の日本海側では、15日にかけて再び雪が強まるおそれがあり、交通への影響に引き続き注意が必要です。一方、北陸などでは気温が上がって雨が降る見込みで、気象庁は、雪崩や雪下ろし中の事故などに十分注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、北日本の日本海側や北陸の山沿いなどでは13日にかけて記録的な大雪となり、山形県大蔵村肘折では13日午後9時の積雪が4メートル45センチと全国の観測点で観測史上4番目に多くなりました。

14日も多くの雪が残っていて、午前11時の積雪は、山形県大蔵村肘折で4メートル22センチ、福井県の大野市九頭竜で2メートル78センチ、新潟県魚沼市で2メートル53センチ、福井市で99センチ、富山市で66センチなどと平年を大幅に上回っています。

総務省消防庁の午前10時現在のまとめによりますと、先週からの大雪で雪下ろし中の事故などが相次ぎ、新潟県と福井県、富山県で15人が死亡し、北陸や東北で222人がけがをしています。

東北の日本海側などではいまも雪が降っていますが、14日夕方から15日の未明にかけて強い風を伴って再び雪が強まる見込みで、積雪による交通への影響に引き続き注意が必要です。

一方、14日日中は、日本海にある低気圧に向かって南から暖かい空気が流れ込んでいるため北陸などの各地で13日よりも気温が上がっています。

日中の最高気温は、富山市と金沢市で9度、福井市で8度、新潟市で6度などとところによって平年より2度ほど高くなると予想されているほか、各地で雨が降って雪どけが進む見込みです。

気象庁は、積雪の多い地域では、雪崩や屋根からの落雪、それに雪下ろし中の事故などに十分注意するよう呼びかけています。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫