サムネイル画像

東芝 4年ぶりの最終黒字見通し 今年度決算を上方修正

  • 経済
2018.02.14

東芝 4年ぶりに最終的損益を黒字の予想

東芝 4年ぶりに最終的損益を黒字の予想
経営再建中の東芝は14日、今年度の新たな業績予想を発表し、経営破綻した元子会社の「ウェスチングハウス」に対する債権を売却したことなどから、最終的な損益の見通しを、これまでの1100億円の赤字から5200億円の黒字に上方修正しました。東芝が1年間の決算で最終的な損益が黒字になると、平成25年度の決算以来、4年ぶりとなります。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫