サムネイル画像

渡部暁斗 再び目指す「キング・オブ・スキー」

  • スポーツ
2018.02.14

渡部暁斗 再び目指す「キング・オブ・スキー」

渡部暁斗 再び目指す「キング・オブ・スキー」
またしてもあと1歩及びませんでした。ピョンチャンオリンピックスキーノルディック複合の個人ノーマルヒルで渡部暁斗選手は2大会連続の銀メダル。複合の王者=「キング・オブ・スキー」の称号をつかむため、日本のエースは、次のラージヒルで再び頂点を目指します。
今大会、スキーノルディック複合の最初の種目として行われた個人ノーマルヒル。

前回のソチ大会、この種目で銀メダルの渡部選手にとっては、「金メダルへの距離は前回よりも確実に近い」と確かな手応えを手に臨んだ一戦でした。オリンピック前のワールドカップでは、自身初の4連勝を含む5勝。個人総合ランキングトップで本番を迎えていたからです。
今大会、スキーノルディック複合の最初の種目として行われた個人ノーマルヒル。

前回のソチ大会、この種目で銀メダルの渡部選手にとっては、「金メダルへの距離は前回よりも確実に近い」と確かな手応えを手に臨んだ一戦でした。オリンピック前のワールドカップでは、自身初の4連勝を含む5勝。個人総合ランキングトップで本番を迎えていたからです。
前半のジャンプ、ランキング1位の渡部選手は最終ジャンパー。その直前にこのジャンプ台特有の気まぐれな風が立ちはだかります。

有利とされる向かい風がやみ、渡部選手の前を飛んだランキング2位と3位のノルウェーの選手は失敗ジャンプ。優勝争いから脱落し、渡部選手は「流れが悪い」と感じました。

しかしスタートゲートで、わずかに向かい風が戻った一瞬を見逃しませんでした。105メートル50を飛び3位。

後半のクロスカントリーのスタート差はトップと28秒と十分、金メダルを狙える位置につけました。
クロスカントリーは2.5キロのコースを4周の10キロで争う勝負。ピョンチャンのコースは幅が広く、前の選手を抜くチャンスが多いレイアウトが特徴です。渡部選手は「いつも通り」に攻めの姿勢でトップを追います。

しかし、8秒遅くスタートした、ソチ大会の金メダリスト、ドイツのエリック・フレンツェル選手も2周目に追いつき5人の集団に。集団の中でけん制しあう渡部選手とフレンツェル選手、2人は交互に先頭に入りながら集団を引っ張りました。
1人、また1人が脱落し残り1キロ。ペースを上げたフレンツェル選手に渡部選手も食らいつき2人のマッチレースに。ここまではプラン通りの展開でした。

最後の上り坂を迎えたところでフレンツェル選手が猛スパート。「分かっていた」という渡部選手も離されまいと必死に追います。しかし、スタジアムに戻ってきた時、差は大きく広がっていました。
渡部選手は、4秒差で敗れた前回のソチ大会と同じように最後の最後でフレンツェル選手に敗れ、2大会連続の銀メダルでした。

これまで、「キング・オブ・スキーとして認められるためには、オリンピックの金メダルが必要」と話していた渡部選手、銀メダルは取りましたが、「今回はうれしさが半分、悔しさが半分ある」と振り返りました。

それでも前回との違いを聞かれると、「4年前は、メダルがとれたうれしさで気持ちが切れたが、今回は切り替えて次、金メダルを狙いたい」と話しました。

「キング・オブ・スキー」の称号をつかむため、渡部選手は4.8秒の差で逃した頂点の座を6日後の個人ラージヒルでつかむ覚悟です。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫