野菜の高値続く 白菜は平年の2倍以上

  • 経済
2018.02.14

野菜の高値続く 白菜は平年の2倍以上

先週の野菜の小売価格は、白菜が平年の2倍以上になるなど、依然として高値が続いています。
農林水産省は、白菜やキャベツなど5種類の野菜について、スーパーなど全国470店舗の小売価格を調査して、毎週公表しています。

それによりますと、先週の全国平均の小売価格は、いずれも1キロ当たりで、白菜が351円と前の週とほぼ同じで、平年の2倍を超える高値となっています。

またキャベツは356円で平年の1.9倍、大根は285円で平年の1.8倍、それにレタスは938円で、平年の1.6倍と、いずれも高値が続いています。

農林水産省は、「大雪の影響は今のところ見られないが、このところの低温の影響で野菜の生育が遅れがちで、出荷量がなかなか回復していない。白菜を中心にもうしばらく高値が続きそうだ」と話しています。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫