サムネイル画像

霜降り明星「夢みたい」“ごほうび”で初の冠テレビ(日刊スポーツ)

  • 話題
2018.02.14
 昨年の「第38回ABCお笑いグランプリ」で優勝したお笑いコンビ「霜降り明星」が、その“ごほうび”として、初のテレビ冠番組「霜降り明星の涙の数だけ笑わせて」(ABCテレビ=3月2日深夜1時34分=関西ローカル)をゲットしたことが14日、分かった。

【写真】「第38回ABCお笑いグランプリ」で優勝した「霜降り明星」の粗品と、せいや

 同グランプリはダウンタウン、ナインティナインらも頂点に立った関西の若手芸人登竜門コンテスト。結成5年目のせいや(25)粗品(25)は、昨年の優勝の瞬間、あたりはばからず号泣し、話題を呼んだ。

 コンビは、掛け合いを軸とし、ネタ中にはときおり、せいやのモノマネが入るなどし、独自のスタイルを磨いてきた。「小栗旬似」をネタにする粗品をめぐっては、ピン芸人ゆりやんレトリィバァが、全国ネットのテレビで、一方的に愛を告白するなど、多方面で注目度は上昇している。

 その最中の初冠テレビに、せいやは「ABCお笑いグランプリで優勝して、特番させてもらえるなんて、夢みたいです。夢で終わらせずに、もっと番組出演できるような芸人に成長したいです」。一方の粗品は「多分(同グランプリで)優勝した瞬間の映像がまた流れると思うんですが、恥ずかしいので、できればやめてほしいです。なんにせよ、初めての特番、精いっぱい頑張ります」とコメントした。

 今番組ではコンビが、体当たりロケを敢行。番組には、コンビと同期の「キングオブコント」15年王者の「コロコロチキチキペッパーズ」、昨年の「M-1グランプリ」ファイナリストの「ミキ」も出演している。
続きを見る 日刊スポーツ
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫