サムネイル画像

高木美帆が銀 地元は喜びに沸く 北海道 幕別町

  • スポーツ
2018.02.14

高木美帆が銀 地元は喜びに沸く 北海道 幕別町

高木美帆が銀 地元は喜びに沸く 北海道 幕別町
ピョンチャンオリンピックのスピードスケート女子1500メートルの銀メダルに続いて、1000メートルで銅メダルを獲得した高木美帆選手のふるさと、北海道幕別町では、地元の人たちが喜びに沸きました。
高木選手のふるさと、幕別町にある町の施設「幕別町百年記念ホール」では、大型スクリーンを使ってパブリックビューイングが行われました。

14日は高校の同級生や地元の子どもたちなど200人余り集まり、高木選手のレースに合わせて、日の丸の旗を振り、風船をたたいて、大きな声援を送りました。

そして、高木選手の銅メダルが決まるとバンザイを三唱し、クラッカーを鳴らして喜んでいました。

高校のスケート部で監督として指導した東出俊一さんは「このコースでこのタイムはすばらしい。満足した表情だったので、力を出し切ったのだと思う。何も言うことはありません」と話していました。

また、高校で同級生だった山田亜耶さんは「パブリックビューイングに来るのは初めてでしたが、感動しました。パシュートでは、姉の菜那さんの力も借りて金を取ってほしいです」と話していました。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫