サムネイル画像

8連勝中の藤井聡太五段、大一番前に弾みつけるか/将棋・新人王戦(AbemaTIMES)

  • 最新
2018.02.14
 将棋の中学生棋士・藤井聡太五段(15)が2月14日、第49期新人王戦で古森悠太四段(22)と対局中だ。前年はベスト8まで勝ち進んだ同棋戦だが、藤井五段は2月17日に羽生善治竜王(47)との公式戦初対局を控えており、白星で自身に弾みをつけたい対局だ。

 藤井五段の今年度の成績は2月13日時点で、64局して53勝11敗、勝率0.828。対局数、勝数、勝率、連勝(29=年度またぎ)と“部門四冠”をキープしている。古森四段とは初対局。

 新人王戦は、26歳以下のタイトル戦未経験者などで行われる一般棋戦。ここ2年は増田康宏五段が連覇している。過去には森内俊之九段、羽生善治竜王、藤井猛九段、渡辺明棋王、佐藤天彦名人らも優勝している。持ち時間は各3時間。AbemaTVでは、藤井五段と古森四段の対局を終局まで生中継する。
続きを見る AbemaTIMES
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫