サムネイル画像

「スペースワールド」道からも消えた 観光案内看板を刷新 北九州市(西日本新聞)

  • 国内
2018.02.15
 「スペースワールド」の文字が消えた-。北九州市八幡東区のテーマパーク「スペースワールド」(SW)の閉園を受け、市は道路上などにある観光案内看板の刷新作業に着手した。

⇒【画像】「スペースワールド」の表記がある従来の看板

 市観光課によると、看板は国道や県道などの上方にあり、施設名と矢印で道案内している。31カ所にSWの表記があるため940万円の予算で掛け替えを始めた。

 14日は八幡東区の国道3号上で作業を実施。SW近くの同区西本町では「スペースワールド」「東田博物館ゾーン」の両方が書かれていた看板の上に、業者が「東田博物館ゾーン」の文字を大きくした看板を重ね「スペースワールド」を消した。今月中に全ての作業を終える予定で、同課は「寂しいが、既存の施設をPRしていきたい」としている。

=2018/02/15付 西日本新聞朝刊=
続きを見る 西日本新聞

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫