サムネイル画像

なぜ罪を重ねてしまったのか 窃盗などで4度逮捕、2度目の服役を終えた50代男性の苦悩(西日本新聞)

  • 国内
2018.02.15
 罪を犯すきっかけはふとしたことだった。建設会社を経営し、順風満帆だった30代後半。取引相手と酒を飲んだ帰り道に、不動産店の窓が開いているのが目に留まった。「不用心だなぁ」と思って眺めていると、高校時代に度胸試しで行った万引を思い出した。

 「あのときのドキドキやスリルがよみがえって、衝動を抑えられなくなった。酔った勢いもあると思う」。一晩で3件侵入し、その日のうちに逮捕された。

 このときは示談が成立して不起訴。後悔も反省もした、と当時は思っていたが、2年後に再び3件の窃盗事件を起こした。執行猶予付きの有罪判決を言い渡された後、犯行はさらに大胆になった。200件以上の事務所荒らしを繰り返し、約4千万円を得た。逮捕されて約5年服役したが、刑務所で知り合った男に犯行を持ちかけられ、出所後わずか10カ月で再犯した。

 なぜ止められなかったのだろう。女性を口説く場合を例に挙げた。「自分なりに考えて落とせたらうれしいじゃないですか。侵入方法や現金の場所を想定し、その通りにできると何ともいえない達成感があった」

 犯行時に金に困っていたことは一度もない。仕事も常にあった。気付けば、盗みが日々のストレスのはけ口になっていたという。
続きを見る 西日本新聞

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫