サムネイル画像

ピョンチャン五輪 大会6日目の日本選手の結果は?

  • スポーツ
2018.02.15

ピョンチャン五輪 大会6日目の日本選手の結果は?

ピョンチャン五輪 大会6日目の日本選手の結果は?
ピョンチャンオリンピック大会6日目の日本選手の結果です。この日は日本選手が合わせてメダル4個を獲得する活躍を見せました。
スノーボード 男子ハーフパイプでは19歳の平野歩夢選手が銀メダルを獲得しました。平野選手はソチ大会に続いて2大会連続の銀メダルです。
このほか片山來夢選手が7位、戸塚優斗選手が11位でした。

スノーボード男子ハーフパイプ

スノーボード 男子ハーフパイプでは19歳の平野歩夢選手が銀メダルを獲得しました。平野選手はソチ大会に続いて2大会連続の銀メダルです。
このほか片山來夢選手が7位、戸塚優斗選手が11位でした。

スキーノルディック複合 個人ノーマルヒル

スキーノルディック複合 個人ノーマルヒルでは、渡部暁斗選手が銀メダルを獲得しました。渡部選手も、前回のソチ大会に続く2大会連続の銀メダル獲得です。

このほか渡部選手の弟の善斗選手が12位、永井秀昭選手が14位、山元豪選手が33位でした。

スピードスケート女子

スピードスケート 女子1000メートルで小平奈緒選手が銀メダル、高木美帆選手が銅メダルを獲得しました。

日本の女子が同一種目で複数のメダルを獲得したのは、夏と冬のオリンピックを通じて初めてです。

また高木選手は女子1500メートルに続くメダル獲得です。
オリンピックの1つの大会で、複数のメダルを獲得したのはスピードスケートの日本の女子では高木選手が初めてです。

このほか、郷亜里砂選手が13位でした。

カーリング女子

カーリングは男子と女子の予選リーグが14日から始まりました。

女子は初戦でアメリカと対戦し10対5で勝って初戦を白星で飾りました。

カーリング男子

5大会ぶり出場の男子は初戦で世界ランキング3位のノルウェーと対戦し、6対4で勝って好スタートを切りました。

アイスホッケー女子

日本は予選リーグの最終戦で韓国と北朝鮮の合同チームと対戦し、4対1で勝ちました。日本は3大会目でオリンピック初勝利をあげました。

フィギュアスケートペア

フィギュアスケートのペアは前半のショートプログラムが行われ、日本の須崎海羽選手と木原龍一選手のペアは、自己ベストをマークしましたが、22組中21位となり、上位16組で行われる後半のフリーに進むことはできませんでした。

アルペン女子回転

スキーアルペンの女子回転は、強風のため16日に延期されました。

バイアスロン女子

バイアスロン女子15キロも、強風が予想されたことから15日に延期されました。
続きを見る NHK NEWS WEB

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫