サムネイル画像

日本ハム加藤が5失点KO「粘りきれませんでした」(日刊スポーツ)

  • スポーツ
2018.04.15
<オリックス7-0日本ハム>◇15日◇ほっともっと神戸

 日本ハム加藤貴之投手が6回途中でKOされた。

【写真】降板する日本ハム加藤

 4回まではオリックス打線を1安打に抑える好投。5回は2死に、三塁から若月に先制の2点右前適時打を浴びた。この際、二塁走者のマレーロが暴走気味に本塁へ突入し、アウトのタイミングながら捕手のタッチをかいくぐられ、2点を失った。

 さらに6回には1死一、二塁とされて小谷野に適時二塁打を許して降板。5回1/3を6安打5失点。「どんな展開でも先制点だけは与えないようにと思って投げていたんですけど、粘りきれませんでした。申し訳ない気持ちしかありません」と、肩を落とした。
続きを見る 日刊スポーツ
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫