サムネイル画像

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る(日刊スポーツ)

  • 話題
2018.04.16
 姉妹漫才コンビ、海原やすよ・ともこと友近がこのほど、24日スタートのカンテレの新番組「やすとも・友近のキメツケ! ※あくまで個人の感想です」(火曜午後7時57分、関西ローカル)の会見を行った。

 ゲストと「オンナのキメツケ」を好き勝手に楽しく話すトークバラエティー。会見は女子会のノリで職業のキメツケトークに発展した。

 友近が「歯科助手の人はコンパ率が高い」と話すと、やすよ、ともこも「あ~」と納得の表情。看護師の衣装トークでは、ともこが「医院長の先生の趣味っていうよね。ピンク系かブルー系か白系か。ミニがひざ下か」と個人の感想を話した。

 やすよも看護師トークの参戦。「先生が看護師さんから普通にガーゼもらっているだけやのに『えっ!』、何かできているんちゃうか。こんなに息はぴったりなんて…。子どものころに勝手に想像した」。

 同番組はやすともと友近が17年に出演したトークバラエティー特番のレギュラー化。カンテレが火曜午後8時台に関西ローカルの番組を自社制作するのは57年ぶり。初回のゲストは天童よしみら。

 ともこは「大阪発のトークの面白さ。大阪っぽい空気感がある番組にしたい」と意気込んだ。友近も「ゲストには普段、東京では言わないけど、ここではついつい言ってしまう。そんな番組にしたい」と抱負を語った。
続きを見る 日刊スポーツ
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫