サムネイル画像

盗まれたシャガール絵画、30年ぶりに発見・返還へ

  • 国際
2018.04.16

発見された絵画は1911年に描かれた「オセロとデズデモーナ」。1988年に盗まれていたが、先ごろ、米メリーランド州でFBIによって回収された。同州在住の男性(72)がFBIに絵画のある場所を伝えてきたという。

NYの住宅からはシャガールの絵画を含む複数の作品のほか、宝石や彫刻なども盗まれていた。

美術品関連の盗難事件を扱うチームに所属するマーク・ヘス捜査官は「内部の者による犯行だった。建物に定期的に通っていた人物が、住居人がいない間にアパートから盗み出した」と述べた。

裁判所に提出された書類によれば、今回FBIに連絡してきた男性は盗難には関与していなかったとみられている。しかし、この男性は1980年代後半もしくは90年代前半に絵画を入手していた。窃盗犯は、男性が持つブルガリアの犯罪組織とのつながりを利用して作品を売却しようと近づいてきたとみられている。

買い手は見つかったが、窃盗犯が男性を取引から外そうとしたため作品を手元に残したという。それから約30年にわたって作品は屋根裏に保管された。

続きを見る googleCNN
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫