サムネイル画像

竹内結子、名探偵役は「明るい人でなしをテーマに」(日刊スポーツ)

  • 話題
2018.04.16
 竹内結子(38)が16日、主演する配信ドラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」の完成試写会に出席した。名探偵と相棒を女性コンビに、舞台を現代の東京に移した作品。シャーロックを演じるにあたり竹内は「明るい人でなしをテーマに演じました」と話した。

 この日は舞台あいさつとレッドカーペットイベントが行われ、竹内のほか、貫地谷しほり、滝藤賢一、中村倫也、大谷亮平、小沢征悦、斉藤由貴、伊藤蘭のメインキャストがそろった。加えて、19カ国同日放送と何度もアナウンスされ、竹内は「怖い! 私に無言の圧を加えようの会ですか?」。それでも「いまさらながらプレッシャーを感じてます。撮影が終わってて良かった。撮っちゃったから知ーらないもんね」と笑わせた。

 Huluで27日から配信。
続きを見る 日刊スポーツ
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫