サムネイル画像

韓国Foex貿易館と師創、経済・貿易情報の共有で覚書(BCN)

  • IT
2018.04.16
 韓国・全羅北道群山市のFoex貿易館と中国・山東省済南市の山東師創情報科技グループ(師創)は3月5日、経済・貿易情報の共有と情報提携プラットフォーム構築に関する覚書を交わした。

 Foex貿易館は、日中韓で生産者直接取引を目指す貿易館。入居した日中韓の企業が、建築資材や工場用資材、生活必需品などのサンプルを展示。バイヤーは中国や日本に行かずに韓国Foex貿易館でそれぞれの現地価格で製品を取引できるのが特徴。

 今回の覚書で、Foex貿易館と産業パークの総合開発、運営、管理を手がける師創は、経済・貿易情報を共有しながら中韓での技術情報交流の提携プラットフォーム構築を目指す。Foex貿易館 GCカンパニーの金勝洙 会長と師創の高寿柏 董事長・総裁が覚書に署名した。(BCN・道越一郎)
続きを見る BCN
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫