サムネイル画像

プロ注目の亜大・頓宮が満塁弾含む2打席連続アーチ(日刊スポーツ)

  • スポーツ
2018.04.17
<東都大学野球:亜大12-3>◇第2節第1日◇17日◇神宮

 プロ注目の亜大・頓宮裕真内野手(4年=岡山理大付)が、2打席連続のアーチでチームを勝利に導いた。3回、1点を先制し、なおも満塁から149キロ直球を左翼席に運ぶ満塁弾。4回2死二、三塁ではスライダーを左翼席に運んだ。

【写真】左越え満塁本塁打を放ち本塁へ向かう頓宮

 本職は捕手だが、打撃優先でこの日は一塁手で出場。「打てたのは良かったですけど、捕手として、信頼を得られるように頑張りたいです」と話した。
続きを見る 日刊スポーツ
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫