レイズのキーアマイヤー、親指手術で長期離脱へ(日刊スポーツ)

  • スポーツ
2018.04.17
 レイズのケビン・キアマイアー中堅手は右親指の靱帯を断裂。手術が必要となり、復帰まで2-3カ月かかる可能性があるという。

 キーアマイヤーは15日のフィリーズ戦でヘッドスライディングをした際に負傷。16日に10日間の故障者リストに登録された。20日に手術を受ける予定。けがで長期離脱するのは3年連続となる。

 同選手はゴールドグラブ2回受賞の名手。今季は12試合に出場し、打率1割6分3厘、1打点。
続きを見る 日刊スポーツ
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫