サムネイル画像

樹齢300年の「中山の大藤」甘く香る 福岡県柳川市(西日本新聞)

  • 最新
2018.04.17
 福岡県柳川市三橋町中山の中山熊野神社で、樹齢約300年の「中山の大藤」が見頃を迎えた。開花は例年より1週間ほど早く、六分咲き。16日には「中山大藤まつり」が開幕し、市内外からの見物客が甘い香りを満喫した。

 大藤は県指定天然記念物。江戸時代に上方から藤の実を持ち帰った男性が自宅に植え、見物客が押し寄せるようになったため神社に植え替えたとされる。現在は地元住民でつくる保存会が世話をしている。

 祭りは28日まで。毎日午後10時までライトアップする。27日まで、みやま市の清水山ぼたん園と結ぶ無料シャトルバスを運行。29日まで、西鉄柳川駅とJR筑後船小屋駅から有料臨時バスも運行する。

=2018/04/17付 西日本新聞朝刊=
続きを見る 西日本新聞
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫