野党、財務次官に照準 国会混乱、いらだつ与党(産経新聞)

  • 社会
2018.04.17
 安倍晋三首相は16日の自民党役員会で、学校法人「加計(かけ)学園」獣医学部新設をめぐる問題や自衛隊の日報問題に加え、財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑も浮上したことを念頭に「さまざまな問題でご心配、ご迷惑をおかけしている。国民の前で全てを明らかにしていく覚悟だ」と語った。

 ただ、野党は福田氏を新たなターゲットに定めて攻勢を強めており、国会で重要法案の審議が進まない状況に与党内にもいらだちが募っている。

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は16日、自民党の森山裕国対委員長との会談で、福田氏の更迭を要求した。

 加計学園問題に関する衆参両院の予算委員会での集中審議開催提案も突っぱね、徹底抗戦の構えをみせた。

 辻元氏は会談前には記者団にセクハラ疑惑など政府が抱える5つの問題を挙げ「疑惑の五重奏だ」と批判。財務省が報道各社の女性記者にセクハラ疑惑に関する調査協力を要請したことも、「報道機関への圧力ではないか」と問題視した。

 政府内で相次ぐ問題・疑惑発覚に、立憲民主党幹部は「その都度、旬な問題をモグラたたきのようにやっていって全体を沈めていく」と語り、安倍政権を追い込む考えを示した。

 麻生太郎副総理兼財務相は参院決算委員会で、セクハラ疑惑について「どこで、いつ、誰がという状況が分からないので答えようがない」と述べた。

 だが、公明党の西田実仁参院幹事長は16日の政府・与党協議会で「しっかりした調査や対応をしなければならない」と指摘。大口善徳国対委員長も記者団に「政府は徹底的にうみを出すべく疑惑の事実解明をやるべきだ」と苦言を呈した。

 自民党内にも財務省の調査協力要請に対し「『名乗り出なかったから何もなかった』という筋書きだろうが、極めて高圧的で不当な手法と取られかねない」(閣僚経験者)と反感が広がる。

 自民党の二階俊博幹事長は記者会見で「早期に解決するよう、みんなが努力してくれることを希望する」と強調した。(田中一世、小沢慶太)
続きを見る 産経新聞
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫