サムネイル画像

鹿島、首位突破へ三竿雄斗&健斗が久々同時出場(日刊スポーツ)

  • スポーツ
2018.04.17
 鹿島アントラーズは兄弟力でACL1次リーグ首位通過を狙う。

 ホームでの水原(韓国)戦を控えた16日は三竿兄のDF雄斗が27歳、弟のMF健斗が22歳の同時誕生日。昨年9月3日ルヴァン杯仙台戦以来の同時出場が濃厚で、それ以来の公式戦となる兄雄斗は「誕生日の次の日に一緒に出られるのは良い」。突破は決めているが、負ければ2位に落ちるだけに健斗は「僕たちも勝たなきゃいけない」と位置づけた。

【写真】三竿兄弟の同時誕生日で、27歳になった兄のDF雄斗。左はFW鈴木優磨、右はDF伊東
続きを見る 日刊スポーツ
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫