サムネイル画像

IHコンロとしても使えるホットプレート、美しいデザインも注目

  • 経済
2018.05.16
No image

パナソニックは5月15日、家庭用のホットプレート「IHデイリーホットプレート KZ-CX1」を発表した。IH加熱方式のホットプレートとしてだけでなく、2口のIHコンロとしても使えるのが特徴。本体は薄型に仕上げ、白基調の明るいカラーとしてデザイン性を高めた。

価格はオープンで、実売価格は税込59,000円前後。発売日は8月1日。

KZ-CX1は、IHの熱源を横に2つ並べて配置するダブルIH熱源とし、上部のプレートを外せば2口のIHコンロとしても使えるように工夫した。火力や温度は左右で独立して設定できる。

内部の熱を排出するファンの構造を改良し、本体を69mm(ホットプレート装着時)に薄型化してデザイン性を高めたのも特徴。本体やプレートは明るいベージュとし、インテリアになじむようにした。

本体の前面に操作用のツマミを配置するほか、意図せずツマミに触っても加熱が始まらない安全モードも搭載した。消費電力は75~1400W相当。本体サイズはW593×H69×D323mm、重さは本体が約4.9kg、専用プレートが約2.8kg。

続きを見る グノシー 経済
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫