公明・山口那津男代表「終盤の与野党攻防、緊迫感がでてきた」(産経新聞)

  • 社会
2018.05.17
 公明党の山口那津男代表は17日午前、党本部で開かれた中央幹事会で「終盤の与野党の攻防で緊迫感が出てきた。しっかり連携していこう」と述べた。

 井上義久幹事長も「(国会の会期末が延長されず)6月20日だとすれば、来週は大きな山場を迎える。緊張してやろう」と気を引き締めた。

 政府・与党は、今国会の最重要法案と位置づける働き方改革関連法やカジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案などの会期内成立を目指すが、立憲民主党などの反対もあり、厳しい国会運営を強いられている。
続きを見る 産経新聞
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫