サムネイル画像

立憲民主・枝野代表 内閣不信任案提出の可能性言及

  • 政治
2018.05.17
No image

動画を見る(元記事へ)

立憲民主党の枝野代表が、内閣不信任案を提出する可能性に言及しました。与党側の国会運営を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられます。

立憲民主党・枝野代表:「内閣不信任案をカジノ法案成立までに出せば、解散をして頂いて廃案にすることができると、森山(自民党国対)委員長から言って頂いておりますので、そのことを視野に入れて頑張っていきたい」
カジノを含むIR(統合型リゾート)の実施法案を巡っては与党側が来週中の審議入りを目指していて、立憲民主党は、この法案に反対しています。自民党の森山国対委員長が先月、「内閣不信任案が出れば衆議院解散も選択肢」と発言したことを引き合いに、強硬な国会運営をすれば不信任案を出すと与党側を牽制した形です。

続きを見る グノシー
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫