サムネイル画像

西城秀樹さん死去 菅官房長官「昭和飾るスター、早すぎる逝去」(産経新聞)

  • 社会
2018.05.17
 菅義偉官房長官は17日の記者会見で、歌手の西城秀樹さんが亡くなったことについて「突然の訃報に驚きを感じるとともに、63歳という早すぎる逝去は大変残念だ」と述べた。そのうえで、「新御三家とも呼ばれ、国民からも大変愛され、昭和の後半を飾るスターだった」としのんだ。

 菅氏は西城さんについて「2度にわたる脳梗塞を経験されたが、必死の思いでリハビリを続けてステージに立たれるまで回復されたと聞いている」と指摘。「同じような病気を患っている方に勇気を与えたのではないか」と述べた。
続きを見る 産経新聞
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫