Zerto、IBMレジリエンシー・オーケストレーションにデータ保護機能(BCN)

  • IT
2018.05.17
 Zerto Japan(松澤正芳カントリーマネージャー ジャパン&コリア)は5月16日、IBM Servicesと提携し、IBM ServicesのIBMレジリエンシー・オーケストレーションに対して、Zertoのレプリケーションエンジンを提供すると「IBM Think 2018」で発表した。具体的には、「Zerto IT Resilience Platform」をIBMの「DRaaSソリューション」を通じてIBMの顧客が利用することが可能となり、仮想インフラのシンプルで迅速な自動リカバリを実現する。

 IBMレジリエンシー・オーケストレーションは、IBMのメインフレーム、IBM System(IBM AIX、IBM i)、SUN SolarisまたはHP-UXシステムで、多くの仮想・物理ワークロードのリカバリを支援し、アプリケーションの一貫したリカバリを可能にする。また、ヘテロジニアスな環境下でもシステム復旧のワークフローを自動化し、予測精度の高いシンプルな常時稼働の運用を可能にすることで、リスク、コスト、テスト、リカバリタイムの削減をサポートする。

 今回、IBMレジリエンシー・オーケストレーションとZertoのレプリケーション技術を組み合わせることで、「システム復旧の運用簡素化」「オンプレミスまたは複数のクラウドにわたるシステム復旧への対応」「複雑性とリスクの削減」「自動化による時間の節約」「システム全体にわたるレポーティングと事業継続/システム復旧のテストの改善」「リカバリのライフサイクルアプローチ」を実現する。
続きを見る BCN
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫