サムネイル画像

東芝の半導体子会社売却 中国当局が了承

  • 経済
2018.05.18
No image

動画を見る(元記事へ)

東芝は半導体子会社の売却について、懸案だった中国当局からの売却の承認が下りたと発表しました。売却が完了すれば経営再建が大きく前進します。

東芝は去年9月、半導体子会社の「東芝メモリ」をアメリカの投資ファンド「ベインキャピタル」を中心とする日米韓連合へ売却することを決定しました。中国の独禁法当局の審査が長引いて売却完了が遅れていましたが、17日までに中国当局からベインキャピタルに買収を認める連絡が入りました。東芝は来月1日に東芝メモリを2兆円で売却する予定で、売却が完了すれば財務体質が大きく改善する見通しです。今後は、収益の柱だった半導体メモリ事業に代わる事業の確保・育成が課題となります。

続きを見る グノシー 経済
  • Google+
  • Facebook
  • Twitter
  • RELEASE

みんなで作るニュースサイト RELEASE

RELEASEの投稿をもっと見る ≫