【「県民党」争奪 新潟知事選(上)】「原発」争点にならず 24日告示、両陣営とも米山隆一路線継承

「県は船長がいなくなり、漂流しかけた船だ」。16日、新潟県庁議会棟で開かれた自民党県連の会合で、知事選での支援を要請した元副知事の花角(はなずみ)英世(60)は古里への思いを強調した。その上で経済や観光の振興、雇用対策を語り、自らの行政手腕をアピールした。ただ東京電力柏崎刈羽原発(柏崎市、刈羽村)の問題には触れなかった。
 出会い系サイトで知り合った女性との金銭を伴う交際が発覚し、在任1年半で辞職…

Continue Reading

【加計学園問題】首相発言より伝聞信じるのか 「獣医大いいね」石破4条件と矛盾

「まるで『伝言ゲーム』みたいだ…」
 政府高官は22日、加計学園による獣医学部新設をめぐる愛媛県の新文書について、こう突き放した。公明党の山口那津男代表も記者会見で「また聞きのまた聞きというような伝聞を重ねている要素もある」と指摘する。首相も学園側も、文書にある平成27年2月25日の安倍晋三首相と学園の加計孝太郎理事長の面談を否定している。
 事実はどこにあるのか。文書は次のように記す。
 「2/…

Continue Reading

「何でも反対」「何でも賛成」の国会を変えるために

会期末をめぐる攻防の原因
国会も終盤に入り、緊迫感が増してきています。
ただ、この緊迫感は、「会期不継続原則」を採用していることによって生み出されているものです。
現在の国会法は、「会期中に議決に至らなかった案件は後会に継続しない」と定められており、会期内に議決されなかった法律案は、継続審議の手続きを行わない限り、審議未了で廃案となります。
ですから、一年中国会を開くこと(通年国会)にして、会期制…

Continue Reading

日本で太平洋・島サミット=「インド太平洋戦略」売り込む安倍首相―中国メディア

20日、中国メディアの法制晩報は、19日まで福島県いわき市で開かれていた「太平洋・島サミット」について、「安倍晋三首相が、自身が提唱する『自由で開かれたインド太平洋戦略』を参加国の首脳らに売り込みをかけた」と報じている。資料写真。
2018年5月20日、中国メディアの法制晩報は、19日まで福島県いわき市で開かれていた「太平洋・島サミット」について、「安倍晋三首相が、自身が提唱する『自由で開かれたイ…

Continue Reading

自民・細田派、安倍総裁3選に向け結束呼びかけ

安倍総理の出身派閥自民党・細田派がパーティーを開き、安倍総理の自民党総裁3選に向け結束を呼びかけました。
 「いま安倍総理が5年を超えている。国会で様々な議論は行われているが、この5年有余の間、景気はどんどん回復してきたではありませんか。さらに安倍総理に引き続き総理をやって欲しい」(自民党・細田派 細田博之会長)
 この後に挨拶をした安倍総理は、秋に予定されている自民党総裁選挙への出馬については直…

Continue Reading

加計問題“新文書”で浮かんだ矛盾、誰かがウソ?3つの可能性

加計学園の獣医学部設置をめぐり21日、愛媛県が新たな文書を提出しました。加計学園による獣医学部設置計画を知った時期について、これまで去年1月としてきた安倍総理。しかし、新たな文書の記述が本当ならば、そのさらに2年前の2015年2月には知っていたことになります。いったい真実はどこにあるのでしょうか。
 22日朝、安倍総理は・・・
 「2015年2月25日に加計学園の理事長と面会されたでしょうか。また…

Continue Reading

安倍晋三首相、26日にプーチン露大統領と首脳会談 25日には日露経済で講演

安倍晋三首相は24~27日の日程でロシアを訪問し、プーチン大統領と会談する。両氏の会談は3月の大統領選でプーチン氏が再選し、通算4期目の大統領就任を決めてから初めて。
 26日夕(日本時間同日夜)に行うプーチン氏との会談では、史上初の米朝首脳会談を踏まえ、北朝鮮の核・ミサイル問題で連携を改めて確認する。安倍首相からは拉致問題について理解と協力を求める考え。
 北方四島での共同経済活動では、観光など…

Continue Reading

加藤厚労大臣 3年前に加計学園側と面会

動画を見る(元記事へ) 加藤勝信厚生労働大臣が内閣官房副長官だった3年前、加計学園の事務局長と面会していたことが分かりました。安倍総理大臣には報告していないとしています。

 加藤勝信厚生労働大臣:「事務局長の方がおいでになられて、この獣医学部の件についてこれまで色々、努力をしてきたけど、いまだ実現に至っていないといった旨の話をされたということです」
 これは、愛媛県が21日に国会に提出した文書で…

Continue Reading

【報ステ】『高プロ制度』遺族訴えるもあす採決へ

動画を見る(元記事へ) 与党は、安倍政権がこの国会で最重要法案と位置付ける『働き方改革』法案を、23日の衆議院の委員会で採決に踏み切る構えを見せている。しかし、一部の専門職を労働時間の規制から外す『高度プロフェッショナル制度』については、何時間までしか働いてはいけないという制限がなくなるため、懸念の声が上がっている。過労死で家族を亡くした寺西笑子さん(69)は22日の国会で「高度プロ制度は、過労死…

Continue Reading

【報ステ】安倍総理 加計理事長との面会を全面否定

動画を見る(元記事へ) 加計学園をめぐる問題で、愛媛県が21日に国会に提出した文書には、2015年2月25日に安倍総理が加計孝太郎理事長と面会し、今治市に獣医学部を作る構想について「いいね」とコメントしたとある。これに対し、安倍総理は22日「加計理事長とは会っていない。官邸を来訪した記録は確認できなかった」と全面否定した。また、文書には、安倍総理と加計理事長との面談を受け、柳瀬元総理秘書官から資料…

Continue Reading

働き方法案「強行採決しないで」過労死遺族が訴え

働き方改革関連法案をめぐり、家族を過労死で亡くした遺族らが総理官邸前に集まり、安倍総理への面会を求めるとともに法案を強行採決しないよう訴えました。
 「一番問題のある中身を十分審議もせず、一緒に通すことに私たちは反対の声をあげてきた。決して強行採決のような暴挙をしないでださい」(全国過労死を考える家族の会 寺西笑子さん)
 家族を過労死で亡くした遺族らは22日午後、総理官邸前で座り込みを行い、働き…

Continue Reading

安倍晋三首相と石破茂元幹事長とも挨拶では総裁選に触れず 自民党細田派の政治資金パーティーで

自民党最大派閥の細田派(清和政策研究会、94人)は22日、都内のホテルで政治資金パーティーを開き、二階俊博幹事長、麻生太郎副総理兼財務相ら各派閥の領袖・幹部のほか、9月の総裁選で3選を目指す同派出身の安倍晋三首相(党総裁)も駆けつけた。総裁選で首相のライバルとなる石破茂元幹事長も姿をみせたが、2人はともに総裁選に言及しなかった。
 安倍首相はあいさつで、「日本のために国民のために命をかける自衛隊の…

Continue Reading

IR実施法案が衆院で審議入り 安倍晋三首相「世界中から観光客集める」と意義を強調

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案は22日、衆院本会議で安倍晋三首相が出席して趣旨説明と質疑を行い、審議入りした。首相は「観光や地域振興、雇用創出といった大きな効果が見込まれる。世界中から観光客を集める滞在型観光を推進していく」と意義を強調した。
 懸念されるギャンブル依存症の増加や治安悪化に対しては「厳格な入場規制や広告規制など、重層的、段階的な措置を講じている」と理解を求めた。カジ…

Continue Reading

衆院永年在職25年で13人表彰 結束と迷走...「ポスト55年」の新世代政治家たち

衆院は22日の本会議で、安倍晋三首相(自民党総裁)ら13人を永年在職25年で表彰した。首相らが初当選した平成5年は、細川護煕非自民連立政権が誕生し、政治が大きな転換点を迎えた年だった。新世代の政治家として「ポスト55年体制」の与野党を牽引してきた13人は、次の一手をどう打つのか。
 13人を代表して本会議であいさつした自民党の林幹雄幹事長代理は、野党議員として初登院した当時をこう振り返った。
 「…

Continue Reading

緊迫増す終盤国会 働き方改革法案の採決時期めぐり与野党駆け引き 二階俊博氏「今週は極めて重要」

国会は22日、学校法人「加計学園」の獣医学部新設に関する愛媛県の新たな文書をめぐり、与野党攻防が激しさを増した。与党は最重要法案と位置づける働き方改革関連法案を6月20日の会期末までに成立させる構えを崩していないが、野党は加計学園問題を攻撃材料として審議日程の引き延ばしを狙う。
 「あなたは、あったことをなかったことにする魔法の力があるのか」
 立憲民主党の阿部知子氏は22日の衆院本会議で、文書に…

Continue Reading

財務省官房長「くそやろう」発言は法に触れず

前の事務次官のセクハラ問題をめぐり、財務省の矢野官房長が国会で「ほとんどくそやろうという感じで報道された」などと答弁したことについて、政府は発言自体が国家公務員法の「信用失墜行為の禁止に抵触するものとは考えていない」とする答弁書を閣議決定しました。
 財務省の矢野官房長は前事務次官のセクハラ問題で、被害女性が名乗り出ることについて「そんなに苦痛なことなのか」と発言したことで批判を受け、今月11日の…

Continue Reading

青森県外で最終処分=核のごみ、従来方針を堅持-世耕経産相

世耕弘成経済産業相は22日、青森県の三村申吾知事と経産省内で会談し、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地を青森県外で探す従来方針について「引き続き順守する」と述べ、今後も堅持していく考えを伝えた。 最終処分地の選定をめぐっては、経産省と原子力発電環境整備機構(NUMO)が全国で説明会を開いている。世耕氏は、委託業者が謝礼を約束して学生を動員した問題で説明会の開催…

Continue Reading

「働き方」採決、先送りも=森友・日報、23日国会報告-茂木氏不信任否決

衆院本会議で不信任決議案が与党などの反対多数で否決され、一礼する茂木敏充経済再生担当相=22日午後、国会内 国会は23日、安倍晋三首相が今国会の最重要法案と位置付ける「働き方改革」関連法案の衆院厚生労働委員会での採決をめぐり、与野党の攻防が終盤国会最初のヤマ場を迎える。与党側は同日中に可決し、月内に参院に送付したい考え。ただ、立憲民主党など主要野党は徹底抗戦する構えで、採決が25日に先送りになる可…

Continue Reading

「引き続き安倍首相で」=自民・細田派、総裁3選へ全力

自民党細田派のパーティーであいさつする細田博之会長=22日午後、東京都内のホテル 自民党細田派は22日夜、東京都内のホテルで政治資金パーティーを開いた。細田博之会長はあいさつで「国会でさまざまな議論が行われているが、この5年余りの間で景気はどんどん回復した。安倍晋三首相に引き続きやってほしい」と述べ、今秋の党総裁選での連続3選に全力を挙げる考えを示した。 首相出身派閥の同派は党内最大勢力。首相も出…

Continue Reading

国民民主党の幹事長が遅刻...“不信任案”投票できず

動画を見る(元記事へ) 国民民主党の古川幹事長が野党提出の茂木大臣不信任決議案の採決に遅刻して投票できませんでした。

 国民民主党・古川元久幹事長:「これはひとえに私のミスでありますので、おわびを申し上げなければいけない。代表からも今後こういうことがないように、しっかりと注意するようにと注意を受けました」
 古川幹事長は、緊急の党務があって本会議場を中座していて、投票のために議場に戻ろうとしまし…

Continue Reading

石破氏発言に不快感=山口公明代表

公明党の山口那津男代表は22日の記者会見で、自民党の石破茂元幹事長が消費税率引き上げ時の軽減税率導入を疑問視したことについて「国会で議論して法律ができている。蒸し返すようなことが果たしてどこまで責任感を持った内容なのか、きちんと考えてもらいたい」と述べ、不快感を示した。 軽減税率は消費税増税に伴う痛税感の緩和などを求めた公明党が提唱して導入が決まった。石破氏は16日の講演で「所得が高くていいものを…

Continue Reading

官邸の面会は「全部残ってる」と発言した安倍首相 愛媛県の新文書「面会」はなぜない?

安倍晋三が2015年2月に加計学園の加計孝太郎理事長と面会し獣医学部新設計画を知らされていたとの記述が愛媛県の文書にあった問題で、安倍氏は18年5月22日朝、「ご指摘の日に、加計孝太郎理事長と会ったことはない」と事実関係を否定した。
その根拠のひとつが、官邸への入館記録が廃棄されており「確認できなかった」ことだ。ただ、過去には安倍氏自身が、「そういう記録は全部残っている」と発言している。
「訪問予…

Continue Reading

安倍首相、愛媛文書を全否定=「理事長と会っていない」-加計問題

衆院本会議で答弁する安倍晋三首相=22日午後、国会内 安倍晋三首相は22日の衆院本会議で、学校法人「加計学園」(岡山市)による愛媛県今治市への獣医学部新設問題をめぐって同県が国会に提出した文書に、首相と学園の加計孝太郎理事長が2015年2月25日に面会したと記載されていることについて「会ったことはない」と全面否定した。一方、同県の中村時広知事は文書の内容は「ありのまま」と強調した。立憲民主党など5…

Continue Reading

「獣医大学いいね」柳瀬氏は無言で安倍総理は...

動画を見る(元記事へ) 「新しい獣医大学の考えは良いね」という発言はあったのか。愛媛県が国会に提出した新たな文書が波紋を広げている。面会を否定する総理と加計学園側。野党は加計理事長らの国会招致を求めている。

 加計学園の獣医学部新設を巡って、これまでの安倍総理大臣の説明とは全く異なる内容を含む文書が愛媛県から提出された問題。これまで安倍総理は、獣医学部新設計画を知ったのは去年の1月20日だったと…

Continue Reading

カジノ法案審議入り=政府・与党、今国会成立目指す

カジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法案が22日の衆院本会議で審議入りした。全国3カ所まで設置を認め、日本人客から入場料として1回6000円を徴収するのが柱。立憲民主党や共産党などはギャンブル依存症を助長するとして反対の構えを示している。政府・与党は6月20日までの今国会中の成立を目指すが、曲折も予想される。(2018/05/22-19:13)…

Continue Reading

カジノ整備法案審議入り、依存症対策法案も

安倍内閣が重要法案の一つと位置づける「カジノ整備法案」が衆院の本会議で審議入りしました。
 「依存症対策などの課題に万全の対策を講じながら、世界中から観光客を集める滞在型観光を推進して参ります」(安倍首相)
 法案ではカジノを含むIR=統合型リゾートを最大で全国3か所、整備できるとしたほか、入場料は6000円とし、日本人の入場は週に3回に制限しました。また、与党はこの法案とあわせギャンブル依存症対…

Continue Reading

政府与党の衝撃は、加計問題で愛媛県が新文書

国会の求めに応じて21日に愛媛県が提出した新文書、政府・与党はどのように受け止めているのでしょうか?国会記者会館から遊佐記者の報告です。
 21日の夕方に、文書の内容が明らかになりましたが、自民党の国会運営を担当する議員は「野党は倒閣に動いてくる。政局になるかもしれない」と、危機感をあらわにしています。また、他の国会運営担当議員も「野党は鬼の首を取ったように元気になっている」と指摘するなど、野党側…

Continue Reading

過労死遺族、官邸前に座り込み...高プロに反対「労働者目線の働き方改革を」

官邸前に座り込む遺族ら過労死遺族らが5月22日13時半から首相官邸前で、今週採決される見通しの「働き方改革関連法案」、とりわけ「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)に反対する座り込みを始めた。安倍晋三首相への面談を求めている。気象庁によると、この日の東京都心の最高気温は27度で、7月上旬並だった。
【おすすめ記事:お通し代「キャベツ1皿」3000円に驚き・・・お店に「説明義務」はないの?】
高プ…

Continue Reading

面会有無、県に照会せず=菅長官

菅義偉官房長官は22日の記者会見で、安倍晋三首相と加計孝太郎・加計学園理事長の面会をめぐり、否定する首相と愛媛県文書の記述が食い違っていることに関し「愛媛県が作成した文書の評価についてコメントする立場にはない」と述べるとともに、県側に照会する考えはないと説明した。(2018/05/22-18:07)…

Continue Reading